オンラインセミナー「環境への配慮と復興: 東日本大震災の経験を踏まえたウクライナ復興の方向性」を開催

日本GIF

2023年9月5日

セミナーで使用されたスライドより (C)上(shang)杉哲郎

 

 公益(yi)財団法(fa)人(ren)日本(ben)グローバル・インフラストラクチャー研究(jiu)財団(所在地︓東京都港区、理事長(chang)︓中島治男(nan)、略称:日本(ben)GIF)は、7月27日(木)14時から、Zoomを利用したオンライン形式(shi)にて、元環境省環境影響評価課(ke)長(chang)で株式(shi)会社日比谷アメニス取締役(yi)の上杉(shan)哲郎氏を講師にお迎えし、「環境への配慮と復興(xing):東日本(ben)大震災の経験(yan)を踏まえたウクライナ復興(xing)の方向性」をテーマにセミナーを開催しました。

 

開催の趣旨

 ウクライナの戦(zhan)災(zai)(zai)からの復(fu)興(xing)は、世界で最(zui)も大(da)きな関心事のひとつであり、緊急性の高(gao)い課題(ti)です。日(ri)本GIFは、今(jin)年(nian)5月(yue)に、東日(ri)本大(da)震災(zai)(zai)からの復(fu)興(xing)枠(枠)組(zu)みをウクライナ復(fu)興(xing)に生かすための方策についてのセミナーを開催(cui)しました。前回のセミナーのテーマでもあった「迅速(su)かつ質の高(gao)い復(fu)興(xing) (quick and quality recovery)」の実現(xian)には、規制だけにとらわれない、柔軟(ruan)な対応が必要です。また、環境への影響(xiang)に関する規制について、東日(ri)本大(da)震災(zai)(zai)発(fa)生直後から日(ri)本で行われてきた施策の中には、今(jin)後ウクライナが復(fu)興(xing)を果たしていく過程(cheng)においても、貴重(zhong)かつ実務的な情報が含まれると考えられます。

 今回のセミナーでは、東(dong)日(ri)本(ben)大震災発生後に環境影響(xiang)評(ping)価法(fa)業(ye)務(wu)を担当(dang)された、元(yuan)環境省環境影響(xiang)評(ping)価課長で株(zhu)式会社日(ri)比谷アメニス取締役の上杉哲(zhe)郎氏をお迎えし、東(dong)日(ri)本(ben)大震災からの復興における環境アセスメントの実務(wu)に焦点を当(dang)て、日(ri)本(ben)の経(jing)験を踏まえたウクライナ復興への貢(gong)献について検討(tao)しました。

 

講演要旨

 今(jin)回(hui)のセミナーで上杉氏は、まず環境アセスメント法(以下アセス)の歴史と、アセスの概要、法整備(bei)、対象事業(ye)、プロセス等について説明。次いで東(dong)(dong)日(ri)本(ben)大震災における実例として、発(fa)電(dian)所以外の場所での発(fa)電(dian)設(she)備(bei)の設(she)置、土地区(qu)画整理事業(ye)における環境保全への配慮、東(dong)(dong)日(ri)本(ben)大震災復(fu)興(xing)特別(bie)区(qu)域法での手続(xu)き簡素化、発(fa)電(dian)所事業(ye)にかかるアセスの迅速化等について報(bao)告しました。

 

 講演のまとめでは、災害(hai)からの復(fu)旧(jiu)においてはインフラ整備と環境保全の両立(li)が必(bi)須であること、緊急性(xing)の高い復(fu)旧(jiu)かあるいは中長期的な復(fu)興(xing)かの判断(duan)も重(zhong)要であること、地域や事(shi)業の特性(xing)に応(ying)じた手(shou)順の判断(duan)も重(zhong)要であることを話しました。

 

 講演後(hou)の質(zhi)疑応(ying)答では、平常(chang)時と非常(chang)時のアセスの違い、紛争への備え、仮設インフラの長期(qi)間利用(yong)への対応(ying)等、多くの質(zhi)問が飛び交いました。「ウクライナのエネルギーインフラ再(zai)建における再(zai)生可(ke)能エネルギー導入」に関する質(zhi)問に対しては、「ヨーロッパ等では再(zai)生可(ke)能エネルギーを固定価(jia)格で買い取るFIT(Feed-in Tariff)という仕組みが導入されている」など、具体的なアクションについても示唆がありました。

 

 セミナー終(zhong)了後のアンケートによると、「東日本(ben)大震(zhen)災と環(huan)(huan)境アセス」、次いで「ウクライナへの提言」のパートへの関心が高(gao)かったことがわかりました。参加者からは、「環(huan)(huan)境アセスメントの考え方(fang)自体は知っていたが、非常(chang)時にも復興(xing)と両立できるとは知らなかった」「対象国・地域の自然的・社会的特性に応じたアセスが必要」等の回答が寄せられ、ウクライナ復興(xing)への関心の高(gao)さが見て取(qu)れました。

 

セミナーの概(gai)要は以下の通りです。

 

セミナー概要

主 催:公(gong)益財(cai)団法人日(ri)本グローバル・インフラストラクチャー研究財(cai)団(日(ri)本GIF)

日 時:2023年7月27日(木)14:00~15:30

開催形式:Zoomを利用したオンライン形式(ウェビナー)

講(jiang)演者(zhe):上杉 哲郎(元環(huan)境省環(huan)境影響評価(jia)課(ke)長、株式会社日比谷アメニス取締役)

司会者:中山(shan) 幹康(日本GIF専務(wu)理事(shi))

セミナー動画

 

講(jiang)師(shi)略(lve)歴

上(shang)杉(shan)哲郎(うえすぎてつろう)

1981年、環(huan)(huan)(huan)(huan)(huan)境(jing)(jing)庁(ting)入庁(ting)。環(huan)(huan)(huan)(huan)(huan)境(jing)(jing)庁(ting)/環(huan)(huan)(huan)(huan)(huan)境(jing)(jing)省では、国(guo)立(li)公(gong)園(yuan)管理官(阿寒、白山(shan))、国(guo)立(li)公(gong)園(yuan)計(ji)画(hua)、世界自(zi)然遺(yi)産、生(sheng)物多(duo)様性保全、外来生(sheng)物対策、環(huan)(huan)(huan)(huan)(huan)境(jing)(jing)基本法(fa)・環(huan)(huan)(huan)(huan)(huan)境(jing)(jing)基本計(ji)画(hua),環(huan)(huan)(huan)(huan)(huan)境(jing)(jing)アセスメントなどに携わる。国(guo)土交(jiao)通庁(ting)出(chu)(chu)向(xiang)(全国(guo)総合開発計(ji)画(hua))、長崎(qi)県(xian)出(chu)(chu)向(xiang)(自(zi)然保護課(ke)長)、宮内庁(ting)出(chu)(chu)向(xiang)(庭(ting)園(yuan)課(ke)長)も経(jing)験。国(guo)立(li)公(gong)園(yuan)課(ke)長、環(huan)(huan)(huan)(huan)(huan)境(jing)(jing)影響評価課(ke)長を経(jing)て、2016年6月(yue)、関東地方環(huan)(huan)(huan)(huan)(huan)境(jing)(jing)事務(wu)所(suo)長を退職。2016年9月(yue)、㈱日(ri)比谷アメニスに再就(jiu)職。現在、取締役環(huan)(huan)(huan)(huan)(huan)境(jing)(jing)緑花研究室長。

環境アセスメント学(xue)会(hui)常務(wu)理事(shi)、日本造園学(xue)会(hui)会(hui)員、(一社)街路樹診(zhen)断協会(hui)会(hui)長(chang)。

 

 

セミナーの模様(上:司(si)会者 日本GIF中(zhong)山 幹康、下(xia):講演者 上杉 哲郎氏)

本プレスリリースは発(fa)表元が入(ru)力した原(yuan)稿(gao)をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問(wen)い合(he)わせは発(fa)表元に直接(jie)お願(yuan)いいたします。

プレスリリース添付ファイル

プレスリリース添付画像

セミナーで使用されたスライドより (C)上(shang)杉哲郎(lang)

上杉 哲郎氏

セミナーの模様(上(shang):司(si)会者 日本GIF中山(shan) 幹(gan)康、下(xia):講演者 上(shang)杉 哲(zhe)郎氏)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担(dan)当者の連(lian)絡先や、イベント・記(ji)者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称(cheng) 公益財(cai)団法人(ren)日本グローバル・インフラストラクチャー研(yan)究財(cai)団
  • 所在地 東京都(dou)
  • 業(ye)種 各種団体
  • URL
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最(zui)新のプレスリリース情報(bao)をいち早く配信中