電通グループ、マラリア撲滅への新たなキャンペーン「ゼロ・マラリア:チェンジ・ザ・ストーリー」を支援

電通グループ

電通グループ(ブランド:「dentsu」、本社:株式会社電通グループ、拠点:東京都港区、代表者:代表執行役 社長 CEO 五十嵐 博)は、世界的慈善団体「Malaria No More UK(マラリア・ノーモアUK)」※1が推進するマラリア撲(pu)滅(mie)へ向けた新たなキャンペーン「Zero Malaria: Change the Story(ゼロ・マラリア:チェンジ・ザ・ストーリー)」の立ち上げを支援します。本キャンペーンの目的は、気(qi)候変(bian)動と異常(chang)気(qi)象の影(ying)響(xiang)でマラリア撲(pu)滅(mie)がさらに困難(nan)になっている事実について認識(shi)を広めるために、それに直(zhi)面する子(zi)どもたちの声を世(shi)(shi)界へ届け、また、世(shi)(shi)界の指導者(zhe)層に対して、将(jiang)来的に何(he)百万人もの子(zi)どもたちの命(ming)を救うために今すぐアクションを取るよう提唱することです。

 

具体的には、最も被(bei)害を受けている子どもたちの声を届けるために、特に大きな影響を受けているモザンビークやパキスタンといった地域の子どもたちが実際に直面しているストーリーを土台としてコミュニケーションを展開すると同(tong)時に、国連気候変動枠組条約第(di)28回締約国会議(yi)(COP28)に出(chu)席している世界の指導(dao)者層(ceng)に対(dui)しても、早急(ji)な保健システムやマラリア感染(ran)予防に関(guan)するプログラムを強(qiang)化するための十分(fen)な資(zi)金の確保を求めています。

 

キャンペーンの一環として、グラミー賞の受賞者であるMeji Alabi(メジ・アラビ)監督による新(xin)しい映像作(zuo)品では、ゼロ・マラリアのアンバサダーを長年にわたり務めるDavid Beckham(デビッド・ベッカム)氏と、新(xin)たに同アンバサダーに就(jiu)任した、13歳にして気(qi)候(hou)(hou)変(bian)動(dong)に関する資金(jin)と保健分野の活(huo)動(dong)家であるEllyanne Wanjiku-Chlystun(エリャンヌ・ワンジク・チュリスタン)氏が出演し、気(qi)候(hou)(hou)変(bian)動(dong)が如何にマラリアの発(fa)生予測と蔓延防(fang)止(zhi)を困難(nan)なものにし、救命へ向けた関連プログラムの推進を妨げているかについて語っています。

 

「Change the Story」映(ying)像作(zuo)品 URL:(英(ying)語(yu)のみ)

 

多くのパートナーが賛同している※2同キャンペーンへのdentsuからの支援は、2017年以来継続しているマラリア・ノーモアUKとの無償協力でのパートナーシップ、2022年のキガリ・サミットで発表された500万ドルの新たなコミットメント※3、および国連が掲げるSDGs(持続可能な開発(fa)目(mu)標)、その中(zhong)でも特(te)に開発(fa)目(mu)標3(すべての人(ren)に健康と福(fu)祉を)を推進するためのメディアや広告の活用に向けた広範(fan)なコミットメントに基づいています。

 

また、同(tong)キャンペーンにおけるクリエイティブ戦略立(li)案(an)とメディア・プランニングは、dentsu Sub Saharan Africa(dentsu サブサハラアフリカ)が主導しました。世(shi)界(jie)中のdentsuの力(li)を結集させ、ケニア、ブラジル、モザンビーク、ナイジェリア、ルワンダ、南アフリカ、コンゴ民主共和国(guo)およびザンビアなどのマラリア蔓延地域(yu)や、アラブ首長国(guo)連邦、日本、フランス等のドナー地域(yu)でメディア・プランニングを推進し、これまでに約50万ドル相(xiang)当(dang)のメディア広告枠を無償で確(que)保・提供しました。

 

当(dang)社は、マラリア撲滅への取り組(zu)みの一(yi)環として、マラリア・ノーモアUKと連携(xie)し、継続的に「Malaria No More」キャンペーンに取り組(zu)んでいます。今回の新たなキャンペーンへの支援を通じて、当(dang)社グループならではのマーケティング知見やクリエイティビティーを生かしながら、引き続きマラリア撲滅へ向けた取り組(zu)みの推(tui)進(jin)に尽(jin)力してまいります。

 

「Malaria No Moreキャンペーン」URL:(英(ying)語のみ)

 

【dentsu Sub Saharan Africa チーフ・エグゼクティブ・オフィサー Dawn Rowlands(ドーン・ローランズ)のコメント】

マラリアによる死亡の90%以(yi)上がサブサハラアフリカで発生しており、その影響(xiang)は子(zi)どもたちに集(ji)中(zhong)しています。取り組(zu)みには良い進展が見られる一方で、もっと多くのアクションが必要です。dentsuが、サブサハラアフリカ全域(yu)(yu)を通(tong)じて、気候変動とマラリアとの関(guan)連性(xing)を明確化し、最も影響(xiang)を受(shou)けている子(zi)どもたちの経(jing)験と声を広(guang)めることで、マラリア撲滅のストーリーを変える本(ben)キャンペーンを支援(yuan)することを誇りに思います。サブサハラアフリカおよびドナー地域(yu)(yu)から組(zu)成されたメディア・チームは、生活(huo)者(zhe)や政策立案者(zhe)からの支援(yuan)を結集(ji)するためのメディアを確保する上で、多くの成果をあげました。

 

【dentsu Japan チーフ・サステナビリティ・オフィサー 北風(feng) 祐(you)子のコメント】

マラリアは毎分1人の子どもたちの命を奪っており、これを撲滅(mie)するために、dentsuは、マラリア・ノーモアとの長(chang)年にわたるパートナーシップを継(ji)続(xu)しています。しかし、気(qi)候変動(dong)の脅威がマラリアの管理をより難(nan)しくしているため、この目標の達成は難(nan)しくなっています。dentsuは、今回のキャンペーンを通して、子どもたちの多(duo)くの声を発(fa)信し、子どもたちの未来(lai)がマラリアから解放されるよう支(zhi)援していきます。

 

【世界保健(jian)機(ji)関 事務局長(chang) Tedros Adhanom Ghebreyesus(テドロス・アダノム・ゲブレイェソス)氏(shi)のコメント】

マラリアはアフリカの子どもたちの主な死因(yin)です。薬剤(ji)や殺虫(chong)剤(ji)への耐性、資源(yuan)の制約、人(ren)道危機や中(zhong)核的なマラリア対(dui)策ツールの不十分な普及といった脅(xie)威により、マラリアに対(dui)する取り組(zu)みは近年停滞しています。気(qi)候変動の脅(xie)威も加(jia)わり、持(chi)続可能かつレジリエントなマラリア対(dui)策は、地(di)球温暖化のペースを遅らせ、その影響を軽(qing)減するための迅速な行動と相まってかつてないほど必要(yao)とされています。

 

【デビッド・ベッカム氏のコメント】

子(zi)(zi)どもたちの声に光を当てる「マラリア・ゼロ:チェンジ・ザ・ストーリー」キャンペーンを支(zhi)援できることを誇りに思います。マラリアによって毎(mei)分1人の子(zi)(zi)どもが亡(wang)くなっているという悲痛な現実があります。子(zi)(zi)どもたちは、マラリアのような死に至(zhi)る病(bing)気(qi)のない未来を望んでいます。私たちは、より強く、より安全で、よりレジリエントな世界を築くために、子(zi)(zi)どもたちへの責任を負っているのです。

 

【エリャンヌ・ワンジク・チュリスタン氏のコメント】

毎分1人の子どもがマラリアで亡くなっています。マラリアは、私(si)(si)たちの生活や教育、機会を破壊することによって、私(si)(si)のような若(ruo)者の将来に影(ying)響を与える恐ろしい病(bing)気(qi)です。世(shi)界中(zhong)で進行(xing)する気(qi)候変動によって、マラリアの制圧はさらに難しくなっています。私(si)(si)たちの世(shi)代でマラリアを撲(pu)滅するためには、世(shi)界中(zhong)の政(zheng)府が今すぐ行(xing)動を起こし、投資する必要(yao)があります。

 

※1:マラリア・ノーモア は、「マラリアのない世(shi)界」を目(mu)指して、2006年に米国(guo)で開催(cui)された「ホワイトハウス・サミット」で発(fa)(fa)足。政策(ce)決定(ding)者、民間企業、国(guo)際機関(guan)などと連携し、私たちの世(shi)代でマラリアを廃絶することを目(mu)指しており、英国(guo)のマラリア・ノーモア UKは2009年に発(fa)(fa)足。現在では、オランダ、カナダ、日(ri)本(ben)にも活動(dong)拠点(dian)を持っています。

 

※2:今回の「ゼロ・マラリア」キャンペーンには、世界(jie)(jie)保健機関(WHO)、アフリカ指導者・マラリア・アライアンス(ALMA)、アジア太(tai)平洋(yang)リーダーズ・マラリア・アライアンス事務局(APLMA)、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、世界(jie)(jie)疾病(bing)撲(pu)滅(mie)研(yan)究所(GLIDE)、世界(jie)(jie)エイズ・結核・マラリア対(dui)策基金、Goodbye Malaria、Impact Santé Afrique、マラリア・ノーモア(US/UK)、Reaching the Last Mile、国連財団、United to Beat Malariaキャンペーン等のパートナーが賛同しています。URL:

 

※3:2022年(nian)(nian)の「Malaria and Neglected Tropical Diseases」に関するキガリ・サミットにおいて、dentsuは2030年(nian)(nian)までにマラリアを撲(pu)滅するためのコミットメントを新たにし、変革的なコミュニケーション・ツールを用いて世界の若者と一般市民(min)を動員(yuan)するために500万ドルを拠出することを約束しました。現在までに、dentsuはマラリア撲(pu)滅を呼びかけるキャンペーンにおいて10億人以上(shang)へリーチし、撲(pu)滅への取り組みに対(dui)して500万ドル以上(shang)を寄(ji)付しています。


【リリースに関(guan)する問い合わせ先】

株式会社電通グループ グループコーポレートコミュニケーションオフィス 小嶋、松永、沢田

Email:group-cc@dentsu-group.com  

本プレスリリースは発(fa)(fa)表元(yuan)が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問(wen)い合わせは発(fa)(fa)表元(yuan)に直(zhi)接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行(xing)うと、広(guang)報(bao)(bao)担当者の連(lian)絡先や、イベント・記者会見の情報(bao)(bao)など、報(bao)(bao)道機関だけに公開する情報(bao)(bao)が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称(cheng) 株式会社(she)電通グループ
  • 所在(zai)地 東京都
  • 業種(zhong) 広(guang)告(gao)・広(guang)報(bao)
  • URL
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情(qing)報(bao)をいち早(zao)く配信中

    過去に配信したプレスリリース