オルツ、世界初、社員のAIクローンに給与支給開始

〜生成AIを活用したAIクローンで労働と給与の改革を行い、生産性向上と経済的メリットの両立に挑戦~

オルツ

2023年12月7日

株式会社オルツ

 P.A.I.®️(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発(fa)および実用化を行う株(zhu)式会(hui)社(she)(she)オルツ(本社(she)(she):東京都(dou)港区、代(dai)表取締役:米倉(cang) 千(qian)貴、以(yi)下、オルツ)は、従来から全(quan)社(she)(she)員(yuan)(yuan)のAI化(AIクローン化)を進(jin)めています。本日、オルツの大規模言語モデル「」を基盤としたノーコード生成(cheng)AIプラットフォーム「」で全(quan)社(she)(she)員(yuan)(yuan)が自(zi)分自(zi)身のBRAIN(以(yi)下、クローン)を生成(cheng)した上で、クローンが働いた分の給与(yu)も社(she)(she)員(yuan)(yuan)に支給する世界初(chu)※の給与(yu)システムを導入したことを発(fa)表いたします。

 

※世界初:2023年12月7日(ri)現在、自社(she)調べ。社(she)員(yuan)のAIクローンの活動量に応じて社(she)員(yuan)本人に給与を追(zhui)加支(zhi)給する給与システムの導入(ru)は世界初および世界唯一(yi)。

 

 

 

 現在、約100名が勤務するオルツでは、社(she)員一人(ren)ひとりのクローンを生成(cheng)・活用し、日(ri)(ri)々の業(ye)(ye)務や情(qing)(qing)報(bao)(bao)共有をAIに代(dai)替させる取り組みを行っています。個々のクローンには、によって集(ji)積した商談や社(she)内(nei)会議の内(nei)容、Slackでの日(ri)(ri)々のコミュニケーション情(qing)(qing)報(bao)(bao)をはじめ、業(ye)(ye)務で使用しているGoogleの各種データ(ドキュメント、メールなど)、指定したウェブサイト上(shang)の情(qing)(qing)報(bao)(bao)やCSV、PDFなどの各種データを連携し、さらに趣味や嗜(shi)好も学習させることで、本(ben)人(ren)の思考を再現できるレベルに到(dao)達するよう日(ri)(ri)々学習を行わせています。

 クローンは、時間や場所の制約を受(shou)(shou)けないため、社(she)(she)員(yuan)本(ben)人が休暇を取得した場合(he)でも、他の社(she)(she)員(yuan)からの質(zhi)問に受(shou)(shou)け答えをしたり、社(she)(she)員(yuan)本(ben)人に代わって業(ye)務(wu)を行うことが可能です。そのため、業(ye)務(wu)の持続性や生産性が向上(shang)し、本(ben)人だけでなくチーム全(quan)体での柔軟な働(dong)き方が実現できます。また、クローンを活用(yong)することで、生身(shen)の人間だけでは生み出すことができない付(fu)加価値も生まれることが期待されます。

 

 オルツの社員は、自分自身のクローンに対してそれぞれ用途を設定し、営(ying)業や人事、採用、総務(wu)から新(xin)人教育まで、様(yang)々な業務(wu)で活(huo)用しています。具(ju)体例として、オルツのコンサルタントは、顧客向けの提案の場面(mian)でクローンを活(huo)用しており、必要な情報を即(ji)時に検索・提供することで、顧客とのより良い関係(xi)性の構築などに大きく貢献しています。

 

 

AI DX コンサルタント プリンシパル 兼 事業開発マネージャー 小村(cun)淳己

社員AI化活(huo)動の具(ju)体的なユースケース説(shuo)明動画

 

 

 また、オルツは、クローンの活動量に応じて、社員本(ben)人に給(gei)(gei)与(yu)を追加支給(gei)(gei)する給(gei)(gei)与(yu)システムを導入いたしました。クローンを活用することで業務効率が向上するとともに、社員自身は人間にしかできない仕事(shi)に集中して新たな価値(zhi)を生み出せるようになり、給(gei)(gei)与(yu)という直接(jie)的な利(li)益(yi)としても本(ben)人に還元されます。

 この取り組みによって、効率的(de)で柔軟(ruan)な働(dong)き方が実現するだけでなく、経済的(de)なメリットも生まれるため、今後のクローン育成(cheng)の起動力(li)にもつながることが期待されます。この新たな給与システムを通じて、オルツは、社員(yuan)一人ひとりが最大(da)限に能力(li)を発揮できる環境を整(zheng)え、社会に新しい価値を提供する一翼を担います。

 

 本件(jian)に関するソリューション詳(xiang)細の閲(yue)覧をご希(xi)望の場合は、以下(xia)よりお申し込(込)みをお願いいたします。

 

>【ご紹介:オルツ概要&社員(yuan)AI化ソリューション】資料請求はこちらから<

 

>当(dang)社代表 米倉のクローンとの会(hui)話をお試しください<

 

 

 

 当(dang)(dang)社(she)(she)は引き続き、すべての人が時間や空間といった制約に縛られることなく活(huo)かされる社(she)(she)会、また、当(dang)(dang)社(she)(she)がミッションに掲(jie)げる「人類の労役からの解放」の実(shi)現に向け、研(yan)究開発及びサービス化に邁進してまいります。

 

 

▶LHTM-2/LHTM-OPT/GPT など大規模言語処理ソリューションに関するお問い合わせ先

 

 

 

▶altBRAIN(オルツブレイン)について 

「altBRAIN」は、織田信長といった偉人や著名人のキャラクターをはじめ、ゲーム攻略(lve)BRAINや、内(nei)科・小(xiao)児(er)科などの問診(zhen)で使用可能な問診(zhen)BRAINなど、多岐(qi)にわたるBRAINの作成(cheng)をノーコードで容易に行うことができる、オルツが開発・提供する大規模言語モデル「LHTM-2」の能力を活(huo)用した生(sheng)成(cheng)AIプラットフォームです。

 *2023年9月(yue) 正式ローンチ・サービス開始:

 

 

■株式会社オルツについて

2014年11月に設立されたオルツは、P.A.I.®️(パーソナル人工知能(neng))、AIクローンをつくり出(chu)すことによって「人の非生産的労働からの解放を目指す」ベンチャー企業です。また、AIの対(dui)話エンジンの開発から生まれた音(yin)声認(ren)識テクノロジーを活用(yong)した「」などのSaaSプロダクトを開発・提(ti)供しています。2023年(nian)9月までの累計調達額は80億円超(chao)に達しています。

 

 

<報(bao)道関係者からのお問い合わせ先>

株式会社オルツ 広(guang)報 西(xi)澤

e-mail:press@alt.ai

 

<アライアンスに関するお問い合(he)わせ先>

株式会社オルツでは、IT・金融・建(jian)設・物流・メディア・製(zhi)造・小(xiao)売・サービス業(ye)など、

ジャンルを問わずAIソリューションの提供および支援(yuan)を行っております。

お気(qi)軽にお問い合わせください。

 

株式(shi)会社オルツ AI Solutions事業部(bu) 小(xiao)村

e-mail:gptsolutions@alt.ai

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿(gao)をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

オルツ、世界初(chu)、社員のAIクローンに給与(yu)支給開始

オルツ、世界初、社員(yuan)のAIクローンに給(gei)与支(zhi)給(gei)開始_「社員(yuan)クローンの優位性」

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員(yuan)登録を行うと、広報(bao)担当者(zhe)の連絡先や、イベント・記(ji)者(zhe)会見の情報(bao)など、報(bao)道(dao)機関だけに公(gong)開する情報(bao)が閲(yue)覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社オルツ
  • 所(suo)在地 東京都
  • 業種 ソフトウエア・SI
  • URL
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早(zao)く配信中