ミューザ川崎シンフォニーホール  開館20周年 公演ラインアップ発表!

2023年12月12日(ri)(火)

ミューザ川(chuan)崎シンフォニーホール


 ミューザ川(chuan)崎シンフォニーホール(川(chuan)崎市(shi)幸区(qu)大宮(gong)町(ding)1310、以下「ミューザ」)は、2024年度(du)の主(zhu)催公演(yan)を発表(biao)いたします。川(chuan)崎市(shi)制100周年・ミューザ開館20周年である2024年度(du)は、世界(jie)最高水準から地域に根差した公演(yan)まで幅広(guang)いラインアップでお届けします。

 

 

 

 開館20周年を華やかに彩る「スペシャル・オーケストラ・シリーズ」では、記念公演のジョナサン・ノット指揮/東京交響楽団による《ばらの騎士》(12/15)をはじめ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(11/7)が4年ぶりに登場、またミューザの音響を愛し「世界最高のホール」と絶賛するサー・サイモン・ラトルとともにバイエルン放送交響楽団(11/24)が8年ぶりの登場を果たします。このほか、今年創立50周年を迎えた世界最高の古楽アカペラアンサンブル「タリス・スコラーズ」(7/6)、気鋭のサントゥ=マティアス・ロウヴァリ率いるフィルハーモニア管弦楽団(2025/1/24、共催)、サー・アンドラーシュ・シフと自身の創設した室内アンサンブル「カペラ・アンドレア・バルカ」(2025/3/21)が登場。2024年末で引退を表明している指揮者・井上道義森山開次(演出)とともに新制作する全国共同制作オペラ《ラ・ボエーム》(11/2)や、ミューザの新作委嘱による菅野由弘作曲のピアノ協奏曲をホールアドバイザーで川崎出身のピアニスト小川典子世界初演するアジア音楽祭オーケストラコンサート(2025/2/7)にもどうぞご注目ください。

 

 夏の風物詩となった「フェスタ サマーミューザKAWASAKI」は7/27(土)~8/12(月・祝)に開催、各オーケストラの白熱競演にご期待ください(詳細は3/26(火)発表)。毎年恒例の地域交流イベント「ミューザの日」(6/29)では、公募で選ばれた高校3年生と大学3年生(※2023年12月現在)の若きプロデューサー2人が記念イヤーにふさわしいオーケストラコンサートを企画中。家族で楽しめる各種ワークショップや体験イベントなどとあわせて、どうぞご期待ください(詳細は2024年春発表)。また例年夏に開催していた川崎のアマチュアオーケストラによる「市民交響楽祭」はミューザのホールアドバイザー秋山和慶(指揮)と小川典子(ピアノ)を迎えて6/30(日)に開催。川崎市の市制記念日でありミューザの開館記念日でもある7/1(月)に向けて、6/29(土)-30(日)の2日間にわたり音楽でミューザと川崎市のWアニヴァーサリーを祝います。

 

 

 東京交響楽団との「名曲全集」シリーズ(全10回)や「モーツァルト・マチネ」シリーズ(全4回)では同団音楽監督のジョナサン・ノットをはじめユベール・スダーン、原田慶太楼、秋山和慶、クシシュトフ・ウルバンスキ、沼尻竜典、佐藤俊介という充実の指揮者陣に加えて、太田弦、アンドレアス・オッテンザマー、出口大地、中野りな(ヴァイオリン)、小林愛実(ピアノ)、小林海都(ピアノ)など注目の若手が続々登場。ワンコインで多彩な音楽を楽しめると人気の「MUZAランチタイムコンサート」(全12回)では定番のオルガンや、津軽三味線、スティールパン、ジャズ、さらに2025年1月には、日本を代表するマエストロ2人によるピアノ連弾企画を予定、詳(xiang)細は2024年(nian)秋に発表します。

 

 


 ミューザのホールアドバイザー4名による「ホールアドバイザー企画」も個性際立つラインアップが揃いました。14年目となる人気企画「オーケストラで楽しむ映画音楽」(4/6)では秋山和慶(指揮)と2023年4月にジャズ部門のアドバイザーに就任した宮本貴奈(ピアノ/作編曲)がタッグを組み、ニュー・シネマ・パラダイス、ラストエンペラーなどの映画音楽の名曲をたっぷりお届けします。松居直美(オルガン)企画では、2024年に没後150年を迎えるブルクミュラーを特集(10/26)、ホールオルガニストの大木麻理とともに、ピアノを習う人なら必ず通る教則本「25の練習曲」などをオルガンで演奏しその魅力に新たな光を当てます。また小川典子(ピアノ)企画では、自身が審査委員長を務める浜松国際ピアノコンクールの入賞者を迎えてのスペシャル・ガラ・コンサート(2025/2/23)をお届けします。

 ジャンルの境界を超えて各界のエキスパートたちとコラボレーションを繰り広げる「MUZAスぺシャル・ナイトコンサート」では、前回大好評を得たホールオルガニスト大木麻理によるミュージカル特集の第二弾「パイプオルガン×ミュージカルVol.2」(5/29)に岡幸二郎、吉岡小鼓音、小野田龍之介、加藤梨里香という豪華キャストを迎えて、そしてホールアドバイザー宮本貴奈(ピアノ/作編曲)が塩谷哲(ピアノ)と組んでヴァレンタインデーに贈るスペシャルなコンサート(2025/2/14)の2公演を開催します。

 さらに小川典子(ピアノ)がライフワークとして続けている自閉症者とその家族のためのコンサート「ジェイミーのコンサート」(4/4)は第20回を迎え、スペシャルゲスト国府弘子(ピアノ)とともにお届けします。

 このほか恒(heng)例のパイプオルガン クリスマス・コンサートやジルベスターコンサート、音楽大学交流事(shi)業、市民音楽家によるコンサート、家族で参加できるイベントなど、2024年度も充実のラインアップで皆様のご来場(chang)をお待ちしております。

 

 

 

このほか、ミューザの開館(guan)20周(zhou)年に「ありがとう」の気持(chi)ちを込めて、アニヴァーサリー・イヤーをもっと楽しんでいただくためのスペシャルコンテンツを準備中です。こちらもどうぞご期(qi)待ください。

 

ミューザ20周年特設サイト(2024年3月末公開(kai)予(yu)定)

オリジナルグッズ(2024年春~順(shun)次発売(mai)予定) ハンドタオル/チケットホルダー 他

特別写真展(2024年(nian)4月~、ホール内ロビー)

 

■20周年公(gong)演(yan)ラインアップ一覧(lan):

 

 

                                                                                                                                                       以上

 

 

◇本リリースに関するお問合せ-------------------------------------------------------------------------

 

プレス関係(xi)窓(chuan)口:ミューザ川崎(qi)シンフォニーホール 事(shi)業企画(hua)課(広報担当) 

Tel. 044-520-0100(10:00~18:00) press@kawasaki-sym-hall.jp

お客様(yang)窓口:ミューザ川崎シンフォニーホール 

Tel. 044-520-0200(10:00~18:00)

 

本(ben)プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直(zhi)接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

T1

T4

T2

T3

1

B

サブタイトル

2

QR1

3

タイトル

TT

20周年

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当(dang)者の連絡先や、イベント・記者会見の情(qing)報など、報道機(ji)関だけに公(gong)開する情(qing)報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名(ming)称 公益財(cai)団法人川崎市文化財(cai)団
  • 所在地 神奈川県
  • 業(ye)種 各種団体
  • URL
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新(xin)のプレスリリース情報をいち早く配信中(zhong)