ジェンダー・ギャップ問題の解決に向けた発想支援ツール 「ジェンダー課題チャート vol.2」を無料公開

包括的にジェンダーの課題に取り組むワークショップやコンサルティングも推進

電通

2023 年 12月 13日(ri)

株式会社 電 通

 株式会社電(dian)通(本社:東京都港区、社長:榑谷(gu) 典洋)においてDEI(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン)※1領(ling)域の調(diao)査・分析とソリューションの開(kai)発を専(zhuan)門に行う組(zu)織「電(dian)通ダイバーシティ・ラボ(以(yi)下「DDL」)」※2は、ジェンダー・ギャップ(性(xing)(xing)の違いによる格(ge)差)問題(ti)の解決に向けた施策(ce)の一つとして、アイデア発想を支(zhi)援するツール「ジェンダー課(ke)題(ti)チャート vol.2」(男性(xing)(xing)版)を開(kai)発し、本日より無料公(gong)開(kai)を開(kai)始します。また、本ツールを活用したワークショップやコンサルティングなどのサービス提供も行い、顧客企(qi)業(ye)のジェンダー・エクイティ(性(xing)(xing)別間の公(gong)平性(xing)(xing))の実現に貢献していきます。

 

 これまで当社はDDLを中(zhong)心(xin)に、多くの顧(gu)客企業(ye)・団体からの相談や要(yao)望に応え、ジェンダー/セクシュアリティに関(guan)(guan)(guan)する調(diao)査(cha)・研(yan)究活動、コンサルティングなどの支援を行ってきました。2012年(nian)にはLGBTなどの性的マイノリティ(以(yi)下「LGBTQ+」)に関(guan)(guan)(guan)する国(guo)内初の大規模調(diao)査(cha)となった「LGBT調(diao)査(cha)」を実(shi)(shi)施。外部有識(shi)者や当事者の皆さまとも連携しながら、これまで10年(nian)以(yi)上(shang)にわたりLGBTQ+に関(guan)(guan)(guan)するさまざまな知見・データの集(ji)積を行い、発(fa)信(xin)を続けてきました。日本社会のジェンダー平等に対する関(guan)(guan)(guan)心(xin)の高まりを受けて、2022年(nian)には女(nv)性たちが直面する課(ke)題を俯瞰(ふかん)で把握することができる「ジェンダー課(ke)題チャート vol.1」※3を発(fa)表。企業(ye)における女(nv)性エンパワーメント・アクションの促進(jin)につながるワークショップやコンサルティングなどの各種(zhong)プログラムを提供することで、関(guan)(guan)(guan)係企業(ye)と共(gong)にDEIのさらなる推(tui)進(jin)に取り組んできました。そして昨今、男(nan)性のジェンダー課(ke)題についても顧(gu)客企業(ye)からの問い合わせが増えたことから、ジェンダー・エクイティ実(shi)(shi)現のためには女(nv)性だけでなく男(nan)性が直面するジェンダーの課(ke)題にも取り組む必要(yao)性を認識(shi)し、vol.2の制(zhi)作に至(zhi)りました。

 

<電通ダイバーシティ・ラボのジェンダー/セクシュアリティに関する取り組み>

  「LGBTQ+調査2023」    「アライアクションガイド’23」 「ジェンダー課題チャート vol.1」


 

<「ジェンダー課題(ti)チャート vol.2」の全体俯瞰図>

 

 「ジェンダー課題チャート vol.2」を、vol.1と同様、デジタルブックの形式で無償提供するほか、企業におけるジェンダー・エクイティに向けたアクションの促進につながるワークショップやコンサルティングなどの各種プログラムを提供することで、関係企業と共にDEIのさらなる推進に取り組んでいきます。本チャートは、世の中に広く公開されている各種データを収集して、そこから84個の課題を抽出し、健康や育児など女性版と同じ12のテーマに整理したものです。女性に関わる課題と見比べると、同じテーマでも違った視点で課題を捉えることが可能になり、男性と女性の抱える課題が地続きであることが感じとれる仕立てになっています。vol.1の女性版とvol.2の男性版をセットで使うことで、より包括的な視点でジェンダー課題に取り組むことを目指しています。

<「ジェンダー課題チャート」の拡大図>

 

 職場(chang)などにおいて、ジェンダー・エクイティが進まない主(zhu)な理由(you)として、性(xing)別に基づく偏(pian)見やステレオタイプ、組織文化、給与格差(cha)、およびリーダーシップの不足などがあげられています。企(qi)業は、ジェンダー・エクイティを重視し、性(xing)別による違(wei)いや課題を理解する取り組みを継続的に行うことが必要(yao)になってきています。

 

 DEIは「社会(hui)的(de)(de)な平(ping)等(deng)(deng)」「経済的(de)(de)な成長」「人材の質(zhi)と多様性(xing)」「社会(hui)的(de)(de)な調和の確立」などに寄与する重要な要素として現代社会(hui)において不(bu)可(ke)欠なものになっています。特にジェンダー・エクイティは、性(xing)別(bie)に基づく不(bu)平(ping)等(deng)(deng)や差別(bie)などを克(ke)服し、平(ping)等(deng)(deng)な権利と機会(hui)を享受できることを目指す、DEIのひとつの柱となる概念(nian)です。女(nv)性(xing)の問題(ti)として捉えられやすいジェンダーですが、男(nan)(nan)性(xing)学(xue)・男(nan)(nan)性(xing)性(xing)研究のなかでは、「伝統(tong)的(de)(de)な男(nan)(nan)らしさ」が男(nan)(nan)性(xing)たちに生きづらさをもたらしたり、女(nv)性(xing)が直面(mian)する課題(ti)の原(yuan)因を男(nan)(nan)性(xing)側が生み出したりしていることが繰り返し指摘されてきました。また、世界(jie)的(de)(de)には、北欧などのジェンダーの平(ping)等(deng)(deng)が進(jin)む国では、議(yi)論が「女(nv)性(xing)の経済的(de)(de)自立」から、「伝統(tong)的(de)(de)な男(nan)(nan)性(xing)らしさがもたらす影響」へと拡張し、英語圏でも同様に「男(nan)(nan)性(xing)性(xing)の問い直し」が注目されています。

 

 今(jin)後、DDLは、これまで培(pei)った知見・ノウハウと本チャートをもとに、主(zhu)に次の6つのアクションを推進していく予定です。

 

■6つのアクション

① ジェンダー課題(ti)ウェビナー

② ジェンダー課題に関する勉強会・研(yan)修

③ 現状(zhuang)の課題に対する自治体・企(qi)業等へのコンサルティング

④ 企業・メディア向(xiang)けワークショップ

⑤ 企業やコンテンツホルダーとの商品・サービス開発

⑥ 「ジェンダー課題チャート」のアップデート

ジェンダー課題チャート vol.2のダウンロード(PDF 8.5MB)はこちらから

 

 現在、存在する統計(ji)データの多くが、「男性(xing)/女(nv)性(xing)」という二(er)元(yuan)的な性(xing)別区分で聴取されたものであることから、本(ben)チャートのvol.1では女(nv)性(xing)に、vol.2では男性(xing)に焦(jiao)点を当てていますが、ノンバイナリーなど男女(nv)二(er)元(yuan)論にあてはまらない性(xing)自認(ren)をもつ方(fang)の存在を否定する意図はありません。なお、LGBTQ+をめぐる課題に関しては、2023年10月に株式会社電通(tong)グループから発表された「LGBTQ+調査2023」や、LGBTQ+について知る・考える・行動(dong)することを促すツール「アライアクションガイド’23」をご覧ください。

 株式会社電通グループ「LGBTQ+調査2023」 

 電通ダイバーシティ・ラボ「アライアクションガイド’23」 

 

 今後も当社はDDLを中心に、継続的に「ジェンダー課題チャート」の進化とソリューションの高度化を図り、顧客企業・団体によるDEIへの取り組みを多面的に支援することで、ジェンダー・エクイティの実現に貢献していきます。

※1 「ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン」の略。社(she)会における人々の多様(yang)性(ダイバーシティ)、公平性(エクイティ)、包摂性(インクルージョン)に関する課(ke)題と、それを高める対(dui)策のことを指す。

 

※2 「電(dian)通ダイバーシティ・ラボ(DDL)」:2011年に創設。ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン視点で、自(zi)社と顧(gu)客(ke)の双方に対するソリューションの開(kai)発(fa)と提供を推進する、電(dian)通の組織横(heng)断(duan)型(xing)専門タスクフォース。「ジェンダー」「障がい」「多文化」「ジェネレーション」の4つの主要テーマを中心(xin)に、20ほどの独自(zi)プロジェクトと100人ほどのメンバーにて活動を続けている。独自(zi)の調査・研(yan)究および外部の専門家・研(yan)究機関(guan)・当事者団体(ti)などとの協働を通じて、各種(zhong)ソリューションの開(kai)発(fa)・提供、情報発(fa)信を行っている。

 

 

※3 「ジェンダー課題(ti)チャート vol.1」については、下記URLからダウンロードいただけます。

  

 

 

以上

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿(gao)をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員(yuan)登録を行うと、広報(bao)担当者の連絡先(xian)や、イベント・記者会見の情(qing)(qing)報(bao)など、報(bao)道(dao)機関だけに公開する情(qing)(qing)報(bao)が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会(hui)社(she)電(dian)通
  • 所(suo)在地(di) 東京(jing)都(dou)
  • 業種 広(guang)告・広(guang)報
  • URL
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中(zhong)

    過去に配信したプレスリリース