EY、新たな人工知能(AI)の統合型プラットフォーム「EY.ai」を開始

EY Japan

・14億ドル投資計画の一環を通じて、企業のAI導入支援を強化

・EYの幅広いテクノロジーやビジネスエクスペリエンスを約1年半で融合し、EY.aiとして定義

・EYメンバーを対象とする新たなAI研修・人材育成プログラムに加えて、大規模言語モデル EY.ai EYQを導入

 

EYは、新たな統合型プラットフォームである「」を開始したことをお知(zhi)らせします。EY.aiは、人(ren)間(jian)の能力と人(ren)工(gong)知(zhi)能(AI)を統合したプラットフォームで、企業がAIを信頼できる責任ある方(fang)法(fa)で導入し、自社の変革を促進できるよう支援することを目指しています。EY.aiでは、戦略・実(shi)行、M&A、リスク管理、監査・保証、税務などにおけるEYの豊富な実(shi)績(ji)と最先(xian)端のテクノロジーやAIに関する知(zhi)見を活用しています。またEYがこれまでに構築してきたAIエコシステムによって、本プラットフォームはさらに強化されています。

 

EY.aiプラットフォームは、14億(yi)米ドルのEY投(tou)資プログラムに基づいて開発されました。本投(tou)資は、EY Fabric*¹など、EYが開発したテクノロジーにAIを組(zu)み込み、さらにクラウドや自(zi)動化技術(shu)を保有するテクノロジー企業(ye)の一連(lian)の買収(shou)にも活用されています。 

 

EYグローバル会長兼CEOカーマイン・ディ・シビオのコメント:

「今はAIの時代です。全(quan)ての企(qi)業が、AIを自社のオペレーションに組み込む方(fang)(fang)法や、未来への影響を考察しています。しかし、AI導(dao)入は、単(dan)なるテクノロジーへの挑戦(zhan)ではありません。だからこそEYはクライアント、ボードメンバー、そして全(quan)社的にAIの変革(ge)(ge)的な力(li)を活用できる方(fang)(fang)法を特定し、支援(yuan)しています。これは、AIというテクノロジー革(ge)(ge)命の巨大な可能性(xing)を実現するために、責任(ren)ある方(fang)(fang)法で新しい経済的価(jia)値を生み出(chu)すことを意味しています」 

 

EY Japan チェアパーソン 兼 CEO 貴田 守亮のコメント:

「EYは、AIを活用した先(xian)進的な取り組みを推進し、クライアントのトランスフォーメーション、EY自身のトランスフォーメーションを実(shi)現します。また、政策(ce)やルール作りの提言を積極的に行い、世界のトランスフォーメーションに貢献(xian)していきます」 

 

AI活用のための人材育成方針:

EYは、AIのナレッジとスキルを持つメンバーの潜在能力を引き出すためのサポートを積極(ji)的に行っています。EYのテクノロジー関連チームのメンバー4,200人を対象としたパイロット運用を経て、データの機(ji)密性が確保された大規(gui)模言語モデルEY.ai EYQをリリースしました。また、自社開(kai)発(fa)のAI研修と人材育成プログラムを、EYメンバーを対象に展開(kai)します。

 

EYの包括(kuo)的な研修(xiu)プログラムは、EYメンバーのAIスキルの向上(shang)(shang)と拡張(zhang)を目的としており、責任あるAIの使用にも焦(jiao)点を当てています。本(ben)プログラムは、2018年に導(dao)入(ru)された認証プログラム「EYバッジ」(これまでに授(shou)与されたバッジ数は10万(wan)以上(shang)(shang))のAI、データ、アナリティクスに関(guan)する広範(fan)囲の学習カリキュラムと2020年に開始されたEY Tech MBAプログラムを基に開発(fa)されています。 

 

AIエコシステム:

EY.aiは、AIに関するビジネス面(mian)、テクノロジー面(mian)、学術面(mian)の幅広いケイパビリティを網(wang)羅するAIエコシステムを提供しています。本(ben)エコシステムには、デル社(she)(she)(she)(she)(she)、IBM社(she)(she)(she)(she)(she)、マイクロソフト社(she)(she)(she)(she)(she)、SAP社(she)(she)(she)(she)(she)、ServiceNow社(she)(she)(she)(she)(she)、トムソン・ロイター社(she)(she)(she)(she)(she)、UiPath社(she)(she)(she)(she)(she)など世(shi)界的な革新(xin)的企業との提携のみならず、AIの未来を拓く新(xin)興企業とも連携しています。

 

EYはマイクロソフト社(she)と戦略的アライアンスを結んでいるため、EYは、GPT-3 やGPT-4の活用(yong)を含め、Azure OpenAIのケイパビリティを早い段階から使用(yong)することが可能となりました。EYは、マイクロソフト社(she)のサポートを受け、またAzure OpenAIサービスの活用(yong)を通して、EYのサービスを向上させるために高度な生成AIソリューションを構築(zhu)し、展開しています。

 

EYとデル社はアライアンスを通(tong)して、AIにフォーカスしたケイパビリティに共同で投資しています。その一(yi)例が、デル生(sheng)成(cheng)(cheng)AIソリューションです。これは、大規模言(yan)語(yu)モデルを備えたフルスタックの生(sheng)成(cheng)(cheng)AIを簡単に導入(ru)できるようにするための一(yi)連のデル製品(pin)とサービスで、生(sheng)成(cheng)(cheng)AIの活(huo)用を模索(suo)している全ての組織のニーズに対応(ying)しています。したがって、EYのクライアントは、生(sheng)成(cheng)(cheng)AI用に最適化された専(zhuan)用のハードウェアとソフトウェア、およびセキュリティ機(ji)能(neng)を備えた、検(jian)証済みのアーキテクチャ上(shang)で、プロトタイプを作成(cheng)(cheng)したり、ユースケースを活(huo)用することができます。

 

また、EYはトムソン・ロイター社と協力して、税(shui)務、法務、国際的取引(yin)、ESG(環(huan)境、社会(hui)、ガバナンス)関連サービス全(quan)体のコンテンツとインサイトを統合(he)することで、変(bian)革(ge)を起(qi)こす力としての役割を拡(kuo)大し、リーダーシップを発揮するとともに、AI主(zhu)導の新しいソリューションおよびサービスの共同開発を加速していきます。

 

AIを活用したソリューションとサービス:

EY.aiは、EY Fabricに生(sheng)成AIおよび最先端の開発(fa)ツールを組み込むことで、EYチームおよび世界150万人のユーザーにAIケイパビリティを提供します。これにより、EYのクライアント・サービス・チームは、グローバル規模のビジネストランスフォーメーションの優(you)先課(ke)題(ti)により早く対(dui)応(ying)することができます。

EY.aiは、以下を含むEYのAIソリューションおよびサービスに続くものです。

 

EYで20の新(xin)しいアシュアランステクノロジーのケイパビリティには、グローバル規模のAIケイパビリティが含まれます。EYが作成したデータだけでなく、一般に公開されているデータも活(huo)用するこのAIケイパビリティは、EYの監(jian)査テクノロジー・イニシアチブに直接(jie)統合されており、EYアシュアランスのプロフェッショナルによるリスク評価(jia)に役立てられています。EYはまた、予測分析、コンテンツ検索および要(yao)約(yue)、財務(wu)諸表の監(jian)査手続(xu)きを含むドキュメントインテリジェンスに、新(xin)たなAIケイパビリティを導入しています。 

 

EY新日本(ben)有限責任監査法(fa)人(ren) AIリーダー アシュアランスイノベーション本(ben)部(bu) パートナー 市原 直通のコメント:

「EY.aiにはさまざまな取り組みが含(han)まれており、中でもEYの世界(jie)共(gong)通(tong)のテクノロジー基盤であるEY Fabricを通(tong)じてプロフェッショナルサービスファームのデリバリーの在(zai)り方が大きく変わる可(ke)(ke)能(neng)性(xing)を感じています。EY Fabricはテクノロジーの民主化ともいえるもので、アカウンティングファームのプロフェッショナルが容易に分(fen)析基盤を構築したり、ウェブ上(shang)でさまざまなサービスを提(ti)供することを可(ke)(ke)能(neng)とするものです。このテクノロジー基盤を通(tong)じて生(sheng)成AIを含(han)むテクノロジーとアカウンティングファームの専門性(xing)の融合をさらに加速させ、より高い監査品質(zhi)の実現を通(tong)じて資本市場(chang)へ貢献(xian)していきます」 

 

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 テクノロジーコンサルティング データ&アナリティクス パートナー 山(shan)本 直人のコメント:

「テクノロジーの進化により、人(ren)の価値観や生活(huo)(huo)スタイルは激変し、企業(ye)活(huo)(huo)動は多(duo)様(yang)化の一途をたどっています。世の中の変化を人(ren)海(hai)戦術で見極(ji)めることは不可能(neng)(neng)に近いでしょう。EY.aiは世の中の膨大(da)かつ多(duo)様(yang)な知(zhi)識にアクセス可能(neng)(neng)なEYQというAIプラットフォームを含(han)みます。EYのプロフェッショナルは、EYQを活(huo)(huo)用(yong)することで、社(she)会課題やトレンドの変化を読み解き、企業(ye)に対して今まで以上に付(fu)加価値あるインサイトをスピーディに提供することが可能(neng)(neng)となります。EYは、EY.aiにより高度(du)なデータ活(huo)(huo)用(yong)を進めることで、クライアントの発展、より良(liang)い社(she)会の実現(xian)に向けて貢献してまいります」 

 

EY.aiキャンペーン:

EY.aiプラットフォーム開(kai)始に際(ji)し、「The Face of the Future」をテーマに掲(jie)げ、新たなマーケティングプログラムを開(kai)始しました。キャンペーンの第一(yi)弾(dan)として、AIによってスキルアップし、力を与(yu)えられたEYメンバーが登場する広告を展開(kai)し、これからますますAI活用(yong)が進んでいくEYのさまざまなサービスにスポットライトを当てています。EYのパーパス(存在意義)である「Building a better working world ~より良い社会(hui)の構築を目指して」をベースにした本キャンペーンは、EY.aiがどのようにクライアントや社会(hui)全体に自信を与(yu)え、飛躍的な価値を創(chuang)造し、人々にポジティブな影響を与(yu)えるかを伝(yun)えていきます。

より詳細な情報(bao)は、をご覧ください。

 

*¹:EY Fabricとは、受賞歴のあるEYの世(shi)界規模のテクノロジー基盤で、500億米(mi)ドルのEYビジネスの80%に寄与しており、6万人のEYクライアントおよび150万人の独自クライアントユーザーが使(shi)用するプラットフォーム 

 

※本(ben)(ben)ニュースリリースは、2023年9月13日(ri)(現(xian)地時間)にEYが発表したニュースリリースを翻(fan)訳し、日(ri)本(ben)(ben)担当(dang)者のコメントを追加したものです。英語の原文と翻(fan)訳内(nei)容に相違がある場合には原文が優先します。 

 

英語版ニュースリリース:

 

<EYについて>

EY  |  Building a better working worldEYは、「Building a better working world~より良い社(she)(she)会の構築を目指して」をパーパス(存在意義)としています。クライアント、人々、そして社(she)(she)会のために長期的価(jia)値を創(chuang)出し、資(zi)本(ben)市(shi)場における信(xin)頼の構築に貢献します。150カ国(guo)(guo)以上に展開するEYのチームは、データとテクノロジーの実現(xian)(xian)により信(xin)頼を提供し、クライアントの成長、変革および事(shi)業を支援します。アシュアランス、コンサルティング、法(fa)務、ストラテジー、税務およびトランザクションの全サービスを通して、世界が直面する複(fu)雑な問題に対し優れた課題提起(better question)をすることで、新たな解決策(ce)を導きます。EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複(fu)数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法(fa)的に独立した組(zu)織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国(guo)(guo)の保(bao)(bao)証有(you)限(xian)責任会社(she)(she)であり、顧(gu)客(ke)(ke)サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利(li)用の方法(fa)や、データ保(bao)(bao)護(hu)に関(guan)する法(fa)令(ling)により個人情報の主(zhu)体が有(you)する権利(li)については、をご確認ください。EYのメンバーファームは、現(xian)(xian)地の法(fa)令(ling)により禁(jin)止(zhi)されている場合(he)、法(fa)務サービスを提供することはありません。EYについて詳しくは、をご覧ください。本(ben)ニュースリリースは、EYのグローバルネットワークのメンバーファームであるEYGM Limitedが発行したものです。同(tong)社(she)(she)は、英国(guo)(guo)の保(bao)(bao)証有(you)限(xian)責任会社(she)(she)であり、顧(gu)客(ke)(ke)サービスは提供していません。

本プレスリリースは発表(biao)元が入力した原稿(gao)をそのまま掲(jie)載しております。また、プレスリリースへのお問(wen)い合わせは発表(biao)元に直接(jie)お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員(yuan)登録を行うと、広報担当者の連(lian)絡先や、イベント・記者会見の情(qing)(qing)報など、報道(dao)機(ji)関だけに公開する情(qing)(qing)報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 EY Japan株式(shi)会社
  • 所在(zai)地 東京都(dou)
  • 業種 企業(ye)向けサービス
  • URL
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新(xin)のプレスリリース情報(bao)をいち早(zao)く配信中