KeppelがAM Greenと提携、アジアと中東で生物起源・炭素ベースの持続可能燃料の機会を模索

Greenko Group

シンガポール、ドバイ(アラブ首長国連邦(bang)), 2023年12月13日 /PRNewswire/ -- Keppel Corporation Limited(Keppel)はそのインフラストラクチャー部門を通じて、ハイデラバードを本(ben)拠(ju)とするGreenko Group創業者が全額出資(zi)・統制(zhi)するAM Greenと、バイオ・グリーンメタノール、第2世代(2G)エタノール、持(chi)続可能(neng)航空(kong)燃(ran)料(SAF)など生(sheng)物起源で炭素ベースの持(chi)続可能(neng)な燃(ran)料を生(sheng)産する機会を共同で探(tan)るための基本(ben)合意書(shu)(MOU)に調印(yin)しました。

 

Mr. Mahesh Kolli, Founder, Greenko (centre) and Ms Cindy Lim, CEO, Keppel Infrastructure

 

MOUはドバイで開(kai)催された国連気候変動枠組み条約第28回(hui)締約国会(hui)議(COP 28)を背(bei)景に調印されました。両社(she)は、AM Greenのプラントで持(chi)続可(ke)能燃(ran)(ran)料の生産用(yong)に年間少なくとも100万トンの生物由来の二酸化炭(tan)素(CO2)を利用(yong)、集約できる東南アジアと中東でのプロジェクトを共(gong)同で見極め、評価し、共(gong)同開(kai)発します。これらの持(chi)続可(ke)能燃(ran)(ran)料は、化石燃(ran)(ran)料に代わる環(huan)境的に持(chi)続可(ke)能な代替(ti)燃(ran)(ran)料となり、重(zhong)工(gong)業事業や航(hang)空部(bu)門の脱炭(tan)素化に役(yi)立ちます。

 

加えて、KeppelとGreenkoは、インドでのバイオメタノールプロジェクトのバリューチェーンでの共同事(shi)業分(fen)野も特定(ding)する予(yu)定(ding)です。このプロジェクトは、年間(jian)50万トンのバイオメタノールの生産を目(mu)指します。

 

植物や動(dong)物のバイオマスなどの有機原料に由来するバイオ燃料は、世(shi)界で使用されている最大(da)(da)の再(zai)生(sheng)可能(neng)エネルギー源であり、再(zai)生(sheng)可能(neng)エネルギーの55%、世(shi)界のエネルギー供給量の6%以上を占めています(注1)。持続(xu)可能(neng)燃料の生(sheng)産と燃焼は温(wen)室効(xiao)(xiao)果ガスの排出を大(da)(da)幅(fu)に削(xue)減し、効(xiao)(xiao)果的(de)なクリーンエネルギー源となります。

 

Keppelは現在、同社がカタールで2012年に設(she)計・建(jian)設(she)した年間27万3750トンの嫌気性消化・堆肥(fei)化プラントを稼働させています。これは世(shi)界(jie)最大の堆肥(fei)化プラントで、毎日(ri)11万立方メートル近(jin)くのバイオガス生(sheng)産力があります。このバイオガスは業務用にグリーン電(dian)力に変換するだけでなく、送(song)電(dian)網に輸出することもできます。Keppelは、シンガポールと英国の廃(fei)棄物発電(dian)施(shi)設(she)での産業用炭素回収(shou)の実現可能性研究にも携わっています。

 

KeppelのCindy Limインフラストラクチャー部(bu)門最(zui)高経営(ying)責任者(CEO)は、「バイオ燃料(liao)は生産工程(cheng)と航(hang)空分野(ye)の脱炭素化で重要な役割を果たしています。家(jia)庭(ting)廃棄物や有機(ji)原料(liao)の取り扱いと処(chu)理でのKeppelの経験と、効果的な炭素循環のノウハウは、AM Greenとの今回(hui)の共同事業で利点となります。この提(ti)携は、化石燃料(liao)の代替として機(ji)能(neng)する地域での次(ci)世代バイオ燃料(liao)と持(chi)続可能(neng)な航(hang)空燃料(liao)の開発促進を目的としています」と述べました。

 

AM GreenのMahesh Kolli社長は、「この先駆的な共同事業でKeppel社と提携(xie)することを大変(bian)うれしく思(si)います。これは、グリーンメタノールやSAFなどの再生可(ke)能(neng)エネルギー由来商品の輸(shu)出国へのインドの変(bian)革(ge)を推(tui)進することになります。AM Greenは、気候変(bian)動と闘う世界(jie)的な取り組みでのインドの指導力に関するモディ(Narendra Modi)首相(xiang)のビジョンを実現するGreenkoのインテリジェント再生可(ke)能(neng)エネルギー貯蔵(cang)プラットフォーム(IRESP)を利用し、インドと世界(jie)の脱(tuo)炭素化を促進させる信頼性の高(gao)い持続可(ke)能(neng)な低コストのグリーン分子供給(gei)源(yuan)として当社を確立します」と述べました。

 

この提携は、インドで年間少なくとも25万トンのグリーンアンモニア生産施設を共同(tong)開発する実(shi)現可能性を探るため、2022年10月に調印されたKeppelとGreenkoの協力関係の延長です。この施設は、揚(yang)水発電によって強化(hua)された最大1.3GWの太陽光(guang)・風力発電プロジェクトのポートフォリオによって電力供給されることが想(xiang)定(ding)されています。

 

このMOUは、ドバイで開(kai)催(cui)されたCOP 28でインドのナレンドラ・モディ首相(xiang)が発(fa)表したLeadIT 2.0の開(kai)始とも整(zheng)合(he)します。LeadIT 2.0は、低炭素(su)技(ji)術の共同開(kai)発(fa)と移転、および新興経済国への資金援助に重点(dian)を置いています。

 

上記の共同事業は、Keppel Corporationの今会計年度の1株当たり純利益(yi)と1株当たり純有形資産に重大な影(ying)響を与(yu)えるものではないと予想されます。 

 

Keppel Corporationについて

 

Keppel Corporation(SGX: BN4)は、インフラストラクチャー、不(bu)動産、コネクティビティーの分野にわたる持(chi)続(xu)可(ke)能(neng)性(xing)関(guan)(guan)連のソリューションに関(guan)(guan)する強力な専門知識を備えた世界的な資産管理・運営企業です。シンガポールに本社があるKeppelは、世界20カ国以上で事(shi)業を展開し、再生(sheng)可(ke)能(neng)エネルギー、クリーンエネルギー、脱炭素(su)化、持(chi)続(xu)可(ke)能(neng)な都市再生(sheng)、デジタルコネクティビティーのための重(zhong)要(yao)なインフラストラクチャーとサービスを提供(gong)しています。

 

Keppelは、質の高(gao)い投資(zi)プラットフォームと、プライベートファンドや上場不動産(chan)、ビジネストラストを含む多様な資(zi)産(chan)ポートフォリオを通じて投資(zi)家や利(li)害関係者に価値を創出しており、運用資(zi)産(chan)総額(e)が650億ドルを超える総ポートフォリオを持っています。

 

AM Green Chemicals Indiaについて

 

AM Green Chemicalsは、インドの主要な再生(sheng)可能エネルギー複合企業の1社である Greenko Groupの一部(bu)の株主が発(fa)起人です。Greenko Groupは、再生(sheng)可能資(zi)産の構築(zhu)、所有(you)、運営の経験があり、非常に競争(zheng)力(li)のある料金で 24時(shi)間電力(li)を供給できるメガクローズドループ揚水(shui)発(fa)電資(zi)産の建設(she)を進(jin)めています。

 

AM Green Chemicalsはとりわけ、100%再生可能(neng)なプロセスで生産される生物起源(yuan)で炭(tan)素ベースのグリーン分子(zi)(zi) (以下、「グリーン分子(zi)(zi)」と呼ぶ) を生産するオプションを模索しています。

 

注1   

 

▽Keppel問い合わせ先
*メディア関係
Ms Ianna Chia
Executive、Group Corporate Communications
Tel: (65) 6413 6434
Email: ianna.chia@keppel.com 

 

*投資家関係
Ms Tang Yibing
Manager、Group Corporate Communications
Tel: (65) 6413 6474
Email: yibing.tang@keppel.com  

 

▽AM Green Chemicals India問い合わせ先
*メディア関係
Ms Swathi Reddy
Senior Vice President、Corporate Communications
Email: swathi.r@greenkogroup.com 

 

Photo:  

 

 

 

(日本(ben)語(yu)リリース:クライアント提供(gong))

PR Newswire Asia Ltd.

 

 

PR Newswire
1954年に設立(li)された世(shi)界初の米国広(guang)報通信社です。配信ネットワークで全世(shi)界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世(shi)界最大のマルチチャネル、多文化(hua)コンテンツ普及(ji)ネットワークと包(bao)括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組(zu)み合わせることで、様々な組(zu)織のストーリーを支えています。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲(jie)載(zai)しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会(hui)員登録を行うと、広報(bao)(bao)担当者の連絡先や、イベント・記者会(hui)見の情(qing)報(bao)(bao)など、報(bao)(bao)道(dao)機関だけに公(gong)開する情(qing)報(bao)(bao)が閲覧(lan)できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中